ニュース

第1回 世界遺産「古都京都の文化財」ネットワーク会議を開催しました。

平成23年6月14日、京都の世界遺産17社寺城が初めて一堂に会する“世界遺産「古都京都の文化財」ネットワーク会議”を立命館大学朱雀キャンパスで開催しました。
 
会議の冒頭では、永井座長から、17社寺城は横のつながりがなく、散在的にあるのが現状であるとの指摘がなされました。土岐副会長からは、社寺の周囲は、この100年で住宅が増えるなど変化しており、社寺の境内で起こる火災だけでなく、敷地の外から起こる火災への対策が必要であるとの意見が出されました。さらに、現状では近い将来起こるであろう地震により、文化財が失われる可能性があると述べられました。
 
所有者側からは、世界遺産に住むということは、修理、改修等の日常的なことにも許可が必要であると世界遺産に住むことの難しさが語られました。
 
本日の会議で話し合われた、世界遺産の周辺地域における景観・防災問題、世界遺産の価値と所有者の抱える問題等について、広く市民の皆様に知っていただくことの重要性を認識し、世界遺産所有者が市民向けに講座を開講することが決まりました。

サイト内検索 SEARCH

その他のコンテンツ OTHER CONTENTS

  • 公式フェイスブック
  • 京都世界遺産PBL科目
  • 平安京 羅城門 復元プロジェクト
  • 平安京 羅城門 復元プロジェクト 寄付者一覧
  • コラム 文化財あれこれ事情
ページの先頭へ