研究会

文化遺産の危機管理研究会

開催日 : 毎月1回 開催
場 所 : 立命館大学 朱雀キャンパス
 
文化遺産の危機管理研究会は、文化遺産を自然災害、人為災害から守るための施策を具体化していくことを目的に平成29年度から本格的な研究、検討を進めています。直下型地震などの大地震による脅威の一つとして、同時多発の大規模火災が考えられます。細街路が街中の各所に存在し、木造建築も多く残るまち京都、日本文化の中心と言える京のまちを災害から守り抜く。そのための具体な対策として、水道断水時にも利用可能な自然水を身近な水として街中に通水する事業について議論を重ねています。
 
危機管理研究会

ページの先頭へ